カテゴリー
未分類

通っている脱毛サロンがいきなり倒産し

通っている脱毛サロンがいきなり倒産した場合、前払い分のお金はあきらめるしかないでしょう。
ローンの場合、受けることができていない施術分の支払いは中止できます。
有名大手の誰もが知っている脱毛サロンにも倒産の危機が訪れることはあるでしょうし、まして中小規模のお店ならいつ潰れてしまってもそう驚くようなことではないでしょう。そういうことも考えて料金の前払いはできればやめておく方がリスク回避になります。光脱毛は時間も短く負担の少ない施術ですが、施術できない方もいないわけではないため、ご注意ください。
これは絶対断られるというものとしては、「ムダ毛を抜いてきた」方です。
とてもきれいに脱色されている場合もダメです。
黒い部分がないと光脱毛の効果が得られないからです。それに、妊娠中の方もできません。
技術的には影響がないのですが、施術の刺激で母体をストレスに晒すのを避けているためです。
光線過敏症、光アレルギー、紫外線に過敏だと思われる方も施術を受けられません。日焼けについて言えば、毎日の生活上のものでしたら構いませんが、スポーツやイベントなどによる一時的な日焼けは、すでに肌にダメージがあるため、断られてしまうでしょう。
肌の状態が極端に悪い場合や、サロンのスタッフが見て施術に適さない状態と判断された場合も断られてしまうことがあります。毎日自転車に乗っているなど日常的な日焼けの場合は炎症を伴わないで大丈夫だったりしますので、肌の状態が心配な方は、サロンに聞いてみてください。現在通院されている方、持病のある方、いつも服用している薬のある方は、あらかじめ主治医に相談すると良いでしょう。
脱毛には、特殊な光をお肌にあてるという光脱毛があり、毛根にまっすぐ光をあてることによりムダ毛を作れなくする処理方法のことをいいます。
光の照射は、1度では全ての毛根を壊すことは不可能ですから、発毛周期に合わせて数回行うことが必要です。どうしても光脱毛だとレーザー脱毛に比べてムダ毛の処理効果があまりないといわれていますが、その分痛みを感じることが少なく、お肌に優しいといえます。
全身脱毛を決めたあと悩むのが、サロン選びです。お店を選ぶときは通いやすさももちろんですが、施術可能な部位はどの部分をどれくらいの範囲でなのか、それぞれに対するコストテーブルがいくらなのか、またセット料金は自分に合っているかなどをよく比較してから選ぶべきです。
施術範囲や部位はサロンによって意外と違いがでてくるところですし、価格にもそれなりの違いが出てくるのは当然ですね。月額いくらというコースを用意しているサロンもありますが、これが適用できる人はたしかに安くなるかもしれません。
ただ、上記のようなサロンごとの特徴や自分のニーズを考慮するとけして「割安」でなかったりすることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です